ソーシャルメディアを使用した進め

0
482
あなたが起業家であれば、ソーシャルメディアプラットフォームとビジネスを促進するためにさまざまな方法を使用する練習にすでにある可能性が非常に高いです。 ただし、ソーシャル メディア プラットフォームでビジネスの名前を確立していない場合は、この機会を真剣に受け止める必要があります。

ソーシャルメディアの利用に関する統計に関しては、中小企業の80%がソーシャルメディアプラットフォームを使用しています。 これらのプラットフォームの中には、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、Pinterest、LinkedInなどがあります。 これらのソーシャルメディアプラットフォームは、ビジネスの成長に役立ちます。 あなたはまだ考えているか、ソーシャルメディアプラットフォームへの参加について混乱している場合、それはあなたのビジネスの成長にあなたを助けるつもりなら、この記事は、そのような決定を下すのに役立ちます。

これらのソーシャルメディアプラットフォームは、ビジネスの進歩に重要な役割を果たします。 多くの人々は、ソーシャルメディアプラットフォームを通じて、ビジネスとそれが提供する製品やサービスについて見つけます。 これは主に、人々が聞くものを検索し、彼らはもっと知りたいからです。 ビジネスにソーシャル メディア アカウントがない場合、顧客はそのアカウントについて詳しく知ることができ、ビジネスに悪影響を及ぼします。

ソーシャルメディアがあなたのために何ができるかについてのあなたの混乱を軽減する6つの理由は、以下の6つがあります。

1. ソーシャルメディアは人々に知らせる

ソーシャルメディアプラットフォームは、あなたのビジネスについて人々に知らせ、これはデマではなく、現実です。

すべてのビジネスは、人々を引き付けるために露出を必要とし、ソーシャルメディアが企業に与える露出は良いことです。 しかし、ここで重要なことは、ソーシャルメディアは、特に同社のターゲットオーディエンスである顧客との関係を発展させる上で企業を支援することです。 ソーシャルメディアプラットフォームを通じて、企業はフォロワーを獲得し、顧客とのつながりを確立し、ビジネスについてまだあまり知らない潜在的な顧客と関わることができます。 ソーシャルメディアプラットフォームがあなたに与えることができるもう一つの重要なことは、過去にビジネスを行ったり、自分のビジネスを始めたりした人たちとコミュニケーションを取る機会です。 彼らはあなたのためにインスピレーションを作成し、さらにはあなたのビジネスに関する意識を作成するために自分のフォロワーを使用することができます。

2. ソーシャルメディアは費用対効果が高い

異なるプラットフォームやソーシャル メディア ネットワークに多くのアルゴリズムを追加すると、投稿するオーガニック コンテンツに悪影響を及ぼす可能性があります。 さまざまなソーシャルメディアプラットフォームがユーザーに提供する広告オプションがあり、これらのオプションを使用してビジネスを知ることができます。 あなたは、品質のコンテンツを広げ、特別な取引やオファーを含めることができます。 ソーシャルメディア上の広告に関する最良の部分は、これらのプラットフォームが安価であり、ビジネスが幅広い視聴者にリーチできることです。

3. ソーシャルメディアが人気

ソーシャルメディアプラットフォームは人々の間で非常に人気があり、消費者はそれを使用して新製品やサービスについて知り、他の人に関する意見を求めています。 これは既知の事実です。

ピュー・リサーチ・センターは、アメリカだけでも、約65人の成人がソーシャルメディアプラットフォームを利用していることを明らかにしています。 つまり、製品やサービスの性質に関係なく、ソーシャル メディアでさまざまな顧客にリーチできます。

中小企業は、月間ユーザー数が15億人を超えるため、Facebookを活用できます。 つまり、中小企業がFacebookを使用すれば、ターゲットオーディエンスにリーチできるようになります。 ビジネスが始まったばかりで、それが最初の広告キャンペーンである場合、Facebookは彼らのための答えです。

4. ソーシャルメディアマーケティングが全員にリーチ

ソーシャルメディアには年齢制限がなく、誰でもソーシャルメディアアカウントを作成できます。 米国だけでも、ピュー・リサーチ・センターは、成人の65%がこれらのソーシャルメディアプラットフォームを利用していることを明らかにしています。

2005年から2015年まで、30-49歳の年齢層は、ソーシャルメディアネットワークの利用を開始しました。 ターゲットオーディエンスの年齢は、ソーシャルメディアプラットフォームを使用し、ビジネスで製品やサービスを宣伝したい可能性が高いため、問題ではありません。

5. ソーシャルメディアと双方向会話

ソーシャルメディアを使用すると、企業は顧客についてより多くのことを知ることができます。 ソーシャルメディアを使用すると、潜在的な顧客が何を望んでいるかを学ぶ機会があります。 また、ターゲット層から質問をしたり、フィードバックを得ることもでき、製品やサービスの改善に役立ちます。

企業は、フォロワーや顧客とコミュニケーションを取り、会社の製品やサービスに対する考えを共有するよう促す必要があります。 顧客は、どのようにアプローチしたいのか、そして会社が彼らについて何を知るべきかを尋ねるべきです。 ここで一番良いのは、会社が遅滞なく顧客と直接コミュニケーションできる双方向の通信であるということです。 顧客はまた、彼がすぐに彼の返信を得るだろうので、価値を感じるだろうし、会社が彼らの応答を読んでいないことを心配する必要はありません。

6. ソーシャルメディアと情報の共有

さまざまなソーシャル メディア プラットフォームにより、顧客はビジネスに関するより多くの情報を取得できます。 このようなソーシャルメディアプラットフォームは、ブランドに自社の製品やサービス、および顧客に興味を持つ可能性のある将来のイベントに関する最新情報を顧客に提供する機会を与えます。

異なるブランドや企業のプロフィールはソーシャルメディア上で公開されており、誰でもアクセスできます。 これにより、ビジネスに多くの必要な露出が生られます。 つまり、顧客が Google でビジネスを検索すると、そのパブリック プロフィールがインデックス付けされると、その公開プロファイルが検索エンジンの結果に表示されます。 これにより、企業は、ブランドの名前がインターネット上で検索されたときに、顧客が目的の検索結果を取得することを確認できます。

ソーシャル メディア マーケティングは、企業のコストを節約でき、企業のターゲット層に自社の製品やサービスを認識させることができます。 これは、ビジネスの成長にも役立ちます。